>>訳あり物件を今すぐ売る方法をみてみる
共有持分

不動産の共有持分を解消する方法は?親子や兄弟の共有名義の解消方法を解説!

不動産の共有名義を解消する【基本編】 相続など、1つの不動産を数名が共有名義で所有するケースは様々ですが、まずは基本的な5つの解消方法をそれぞれ解説していきます。 不動産を分ける(現物分割) 不動産をお金に換える(換価...
不動産売買

訳あり物件おすすめの買取と売却方法について徹底解説

事故物件や再建築不可物件から「共有物件」「差押え物件」、そして「競売物件」「立退き物件」などの売却は、仲介売買より買取の方がメリットが多いと解説しています。訳あり物件の処分にお悩みなら、ぜひ参考にしてください!
再建築不可

未接道の物件を売却するのは難しい?専門の買取業社の選び方を解説!

未接道物件とは 未接道物件とは、建築基準法上の接道義務の規定を満たしていない物件のことを言います。 接道義務を満たしていない物件は、その物件を取り壊して更地にしても再建築することができないので、資産価値が大きく下がってしまう...
共有持分

共有持分のマンションは売却できる?売却方法と注意点を解説

共有持分とは 共有持分とは、一つの不動産に対して複数人が所有者として不動産登記をしたときに、それぞれが持っている所有権の割合のことです。 例えば、共働き夫婦が共有名義で資金を半分ずつ出し合った場合、共有持分は2分の1ずつになるという...
共有持分

共有持分は譲渡できる?譲渡する方法と注意点を解説!

共有持分とは 共有持分とは、共同購入や相続により不動産の所有者が複数人いる物件のうち、自分が保有する割合のことです。 共有物件を売却するためには共有者全員の同意が必要になるので、共有者が何十人もいる・共有者全員からの同意が得られない...
違法物件

違法物件は売却できる?高く買取してもらう方法や売却方法を解説!

違法物件でも売却できます。現況、若しくは既存建物を解体する方法です。また、売却は不動産業者への買取か不動産仲介で売買します。しかし、違法物件の仲介売却は困難となるケースが多々あるのです。買い手が住宅ローンを組めない、告知義務がある、再建築不可であるケースや建替え時に同規模の建物が建築できないなど、懸念点が多くあり売却は容易ではありません。よって、違法物件の売却は買取がおすすめです。
再建築不可

再建築不可物件のローンは組める?ローンを組む方法を解説します!

再建築不可物件とは 再建築不可物件は、建築基準法に抵触している物件のため、現在建てられている物件を取り壊した場合、新たに物件を建築出来ない不動産のことを指します。 一般的には、建築基準法では道路について規定されており、道路に...
空き家

空き家の適切な管理方法と自分で空き家管理をするデメリットまとめ

空き家の管理方法 空き家は放置せず、必ず適切な管理を行うようにしましょう。 2015年に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立したため、空き家を放置していると特定空き家に認定されてしまいます。 具体的には人の居住...
空き家

空き家の相続は何が問題?費用や相続したくない場合について徹底調査!

空き家の相続方法 空き家を相続する場合、相続人がひとりの場合は分割する必要がないのでシンプルですが、複数の相続人が存在する場合の遺産相続は、遺産分割協議によって決まります。 遺言がある場合には法定相続人の遺留分を除いて、遺言通りの相...
再建築不可

未接道の土地の評価が低い理由は?高く売却できる方法はある?

未接道の土地とは とは、文字通り道路に接道していない土地、もしくは接道義務を果たしていない土地のことです。 道路に面していない土地は、俗に袋地と言い、四方八方を他人の土地(囲繞地:いにょうち)に囲まれている状態となります。 ...
訳あり物件の無料査定はこちらから
0120-683-422【受付時間】10:00~19:00(日曜定休)10:00~19:00(日曜定休)