>>訳あり物件を今すぐ売る方法をみてみる

滋賀の共有持分買取業者7選まとめ!

滋賀で共有持分の買取業者おすすめ比較人気ランキング7選!共有持分地域

不動産の共有持分は共有者全員の合意がなければ売却することができない」と思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実は共有持分は他の共有者の許可を得なくても、自分の持分だけを売却することは可能です。しかし、色々なリスクがあるため需要が少なく、安く買いたたかれてしまうケースが多いのもまた事実です。

自分の共有持分をトラブルなくスピーディに、なるべく高値で売却したい」という方に向けて、今回の記事では共有持分の買取業者をご紹介します。

この記事を読むことで、あなたの共有持分に関するトラブルを解決してくれる買取業者がきっと見つかります。

共有持分の買取専門業者一覧

共有持分対応の買取業者をまとめさせていただきました。

共有持分の処分でお困りの方は以下の業者に相談してみるとスムーズに処分が進む可能性があります。

まずは、どんな業者があるのか見てみましょう。

滋賀の共有持分買取業者一覧

滋賀県の共有持分買取業者は、以下の通りです。

ここでは、上記業者の基本情報や特徴をお伝えします。自分に最適な業者があるか確認してみましょう。

1.AlbaLink

アルバリンク

会社名株式会社Alba Link(アルバリンク)
本社所在地東京都江東区福住1-13-4 霜ビル2・2階
電話番号03-6458-8161
営業時間10:00~20:00
地図

AlbaLinkは訳あり物件・トラブル物件専門の不動産買取業者で、共有持分などでお悩みの物件でも買取実績が豊富です。

独自のネットワークと販路を駆使しており、高価買取が期待できるケースも多いです。

買取率は92%と業界でも高い数字を維持しており、最短即日で現金を受け取れる場合もあります。

対応エリアは日本全国、24時間年中無休でお問い合わせが可能です。

無料で査定することができるので、訳あり物件やトラブル物件を抱えている方は、お気軽に相談してみましょう。

\24時間受付中!/

無料査定はこちら

公式サイト:https://wakearipro.com

2.プラスプレミアム

 

会社名株式会社プラス・プレミアム
所在地大阪府大阪市中央区南本町2丁目3-12
電話番号06-7670-1177
営業時間9:00〜20:00(水曜定休日)
対応エリア大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良
地図

株式会社プラスプレミアムは、関西一円のエリアに対応している、不動産売却・任意売却・買い取りの専門会社です。

共有持分の買取だけでなく、低地・一戸建て・マンションなどを1億円まで即金買取してくれます。

「身内が使っているから共有持分を売却できない」「他の共有者と意見がまとまらない」などの悩みも解決し、買い取ってくれるようです。

50分で無料査定してくれるので、上記のような悩みがある方は、一度お問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

株式会社プラス・プレミアムの公式サイトへ

3.リアルエステート

会社名株式会社リアルエステート
所在地大阪府大阪市中央区本町2丁目610号 本町センタービル7
電話番号0120-469-543
営業時間9:00〜18:00
地図

株式会社リアルエステートは、共有持分の買取実績NO.1を目指し、高額買取を実施している会社です。

申し込みから決済までが最短3日で完了し、買取代金を一括で支払ってくれるので、共有持分をすぐに売却して資金に変えたい方におすすめです。

さらに、共有物件などの権利関係が複雑な不動産の買取実績があり、有効活用するノウハウも持ち合わせているので、高値での買取が期待できます。

弁護士や税理士などの専門家と連携しているので、共有者間でトラブルが起こらないか心配な場合も、安心して売却できます。

株式会社リアルエステートの公式サイトへ

 

4.センチュリー21アールエスティ住宅流通

会社名センチュリー21アールエスティ住宅流通
所在地滋賀県大津市におの浜二丁目2-5-110
電話番号0120-336-747
営業時間10:00〜18:00(火曜・水曜定休日)
対応エリア滋賀県(大津市・草津市)
地図

センチュリー21アールエスティ住宅流通は、滋賀県の大津市と草津市を中心に、不動産の買取や任意売却、リフォーム業務を行っている会社です。

経験や実績豊富な有資格のスタッフが対応してくれるので、正しい知識やノウハウで適正な買取価格を設定してくれます。

共有持分はもちろん、再建築不可物件・空き家・相続物件ローンが残った物件など、幅広い状態の物件を買取してくれるようです。

相続物件の買取では、提携している司法書士や税理士などが対応し、積極的に対応してくれるようなので、共有持分の相続問題でお悩みの方も安心して売却できます。

センチュリー21アールエスティ住宅流通の公式サイトへ

 

5.SHINSEI

会社名新生都市開発株式会社
所在地大阪府大阪市北区西天満3-6-35 FBASE brunoビル6F
電話番号0800-170-4071
営業時間9:0018:00(日曜・祝日定休日)
地図

新生都市開発株式会社は、大阪を中心に、不動産の買取や賃貸、アパートなどのコンサルティングまで幅広い業務を行っている会社です。

共有持分の買取だけでなく、老朽化したアパートやマンション・利回りが低い物件・低地・傾斜地や造成地・再建築負荷物件などの買取もしています。

他社に断られた物件でも対応できるほどの不動産に関するノウハウが売りなので、共有者間のトラブルや権利問題で複雑化したような共有物件の売却を希望する方などにおすすめです。

相談や査定は無料なので、他社との見積もりを比較して売却先を決めたい方は、積極的に問い合わせましょう。

 

新生都市開発株式会社の公式サイトへ

6.港コンサルティング

会社名株式会社 蒼悠
所在地大阪市港区磯路2丁目3-15 磯路ビル 2F
電話番号0120-689-757
営業時間10:00~20:00(日曜日・その他・盆・正月・GW定休日)
対応エリア全国
地図

株式会社 蒼悠は、日本全国を対象として、共有持分の不動産買取やセール&リースバック事業、収益物件の買取などをしている会社です。

ビル・マンション・一戸建てなどの保有物件の一覧がホームページに記載されているので、今までの買取実績が明確にわかります。どんな物件を保有しているか気になる方は、ホームページを確認してみましょう。

さらに、今まで買取の相談を受けた共有物件の事例を紹介していることから、共有持分の買取に積極的な姿勢が感じられます。

共有持分の買取からリフォーム、販売までを自社で行うことで、余計な費用がかからず、高値で買取できる点も強みです。

株式会社蒼悠の公式サイトへ

7.ライズ株式会社

会社名ライズ株式会社
所在地東京都港区南青山5丁目12番3号
電話番号03-5766-3648
営業時間9:00~21:00(水曜定休日)
地図

ライズ株式会社は、他社では売却がむずかしい共有持分なども、お問い合わせから買取価格の提示まで最短24時間以内、現金化まで最短3日というスピード感で取引を進めてくれます。

ホームページでは、売却にかかる費用の内容として、収入印紙代・抵当権等の抹消費用・住所変更登記費用などを詳しく開示しているので、余計な費用を払わされる心配がありません。

他社と比較しても、このスピード感で買取を進めてくれる業者は少ないので、すぐにでも売却したいという方におすすめです。

 

ライズ株式会社の公式サイトへ

8.共有持分買取 事故物件買取 アールマンション販売(株)

会社名アール・マンション販売(株)
所在地東京都新宿区住吉町4-6 ニュー岡本ビル6F
電話番号03-5367-6667
営業時間10:00〜18:00(年末年始定休日)
対応エリア全国
地図

アール・マンション販売(株)は、平成11年6月に旧住宅金融公庫の任意売却や、サービサーの不良債権不動産の仲介業務を行う会社として開業しました。

現在では、共有持分の買取はもちろん、マンション・一戸建て・事故物件・空家などの売買もしています。

在籍している社員全員が不動産業従事25年以上ということもあり、不動産売買の知識や経験が豊富な点が強みです。

「共有持分に関する知識が全くないから不安」という方は、知識や経験が豊富な社員が在籍している、アール・マンション販売(株)で売却してみてはいかがでしょうか。

 

アール・マンション販売(株)の公式サイトへ

共有持分とは

共有持分とは、1つの土地や建物を複数人で所有しているとき、それぞれの人がその土地や建物について持っている所有権の割合のことです。

例えば、4人の子が両親から1つの建物を相続した場合、4人の子の建物に関する共有持分は、4分の1ということになります。

共有持分

共有持分として共有している物件は、全ての共有者の合意がないと売却できなかったり、子世代や孫世代へさらに相続されると、共有者が増え権利関係が複雑化する特徴があります。

共有不動産の所有者ができることは限られているので、できることとできないことをしっかり把握しましょう。

共有不動産の所有者ができること

共有不動産の所有者ができること

複数の人が共有持分として所有している物件を、共有不動産と言います。ここでは、共有不動産の所有者ができることとして、下記について解説します。

現在、共有不動産を所有している方の中で、他の所有者の合意なく単独でできる事や、合意が必要な事を知りたい方は、是非確認してみましょう。

1.単独でできる事とは

共有不動産の所有者は、以下のことであれば他の所有者の合意なしで行えます。

  • 共有不動産のリフォームや修繕
  • 共有不動産の利用
  • 持分のみの売却

例えば、不動産の壁紙や雨漏り、トイレやお風呂などの現状を維持するための修繕は、他の所有者の合意なく単独の意思で行えます。

さらに、持分の割合に関わらず共有不動産の所有者は、共有不動産の使用、共有持分の売却なども可能です。

単独でできる事

共有持分が4分の1の人が共有不動産に居住しても問題ないということです。

他の共有者の中にも、居住したい方などがいる場合は、話し合いをして決めます。

売却に関しては、共有不動産自体を売却する際は共有者全員の合意が必要ですが、持分のみの売却であれば、共有者の合意は必要ありません。

2.同意が必要な事とは

共有者が以下のことを行う際は、他の共有者の合意が必要です。

  • 共有不動産を賃貸物件として貸し出す
  • 共有不動産の大幅なリフォームや修繕
  • 共有不動産の処分

共有不動産は、短期的に共有者以外の人へ賃貸物件として貸し出せますが、共有持分の過半数以上の合意が必要です。

先ほど「単独でできる事」の中でお伝えした、雨漏りや壁紙の修繕ではなく、設備などの大幅なリフォームや修繕をする場合も、共有持分の過半数以上の合意が必要となります。

過半数以上の合意が必要

共有不動産の処分とは、不動産の売却・長期的な賃貸契約・抵当権の設定などを指します。

先ほど「短期的な貸し出しであれば共有持分の過半数の合意で可能」とお伝えしましたが、長期的な賃貸契約を締結する際は、他の所有者全員の合意が必要です。

共有不動産に大きな影響が及ぶような行為に関しては、他の共有者の合意が必要と認識しておきましょう。

所有者全員の合意が必要

共有物件を保有しているリスク

共有物件を保有しているリスク

ここまで、共有不動産の所有者は、他の所有者の合意がないと柔軟な選択ができないとお伝えしてきました。

そのほかにも共有物件を保有するリスクがいくつかあり、下記の通りです。

なんとなく共有物件を保有している方などは、保有するリスクを理解しましょう。

1.売却が困難

共有物件の持分のみを売却する際は、共有者1人の意思で可能ですが、共有物件自体を売却する際は、必ず共有者全員の合意を得ないといけません。

共有者に合意を得る際に、連絡がつかない方などもいるので、売却が困難なケースが多いです。

共有物件の売却が困難な例をいくつか挙げると、以下の通りです。

  • 共有者の中に連絡がつかない人がいる
  • 共有物件に居住している共有者がいる
  • 共有者の人数や連絡先を把握できていない

人それぞれ共有物件に対する考え方が異なるので、全員の合意を得るのが難しく、売却が困難なこともあると考えておきましょう。

2.共有者が増え続ける

共有物件を保有するリスク

共有持分の権利関係をそのままの状態にしてしまうと、相続により、共有者がどんどん増えてしまいます。

例えば、兄・次男・三男が親から共有不動産として不動産を相続した後に、兄が亡くなったとします。

兄は結婚していて子どもがいるとすると、相続後には共有者が「次男・三男・兄の妻・兄の子ども」の4人に増えてしまうので、売却する際などに合意を得るのが難しいです。

共有不動産を売却したい場合は、共有者が増えて困難になる前に行動しましょう。

3.費用がかかる

共有物件を使用していたり居住していない場合でも、所有しているだけで毎年費用が発生します。

発生するタイミングや費用の内容の例を挙げると、以下の通りです。

発生するタイミング内容
固定資産税毎年共有持分の割合に応じて土地や建物にかかる税金
修繕費設備が壊れたときなど雨漏り・壁紙の張り替えなどの修繕にかかる費用
相続税親から子に共有持分が相続されたとき相続によって財産を取得した場合に財産にかかる税金
贈与税親から子に共有持分が贈与されたとき財産を贈与された場合に財産にかかる税金
都市計画税毎年(市街化区域のみ)共有不動産がある地域の水道などを整備するためにかかる税金

特に、固定資産税と都市計画税は、毎年支払う必要があるので、共有物件を所有しているだけで毎年支出が増えます。

共有不動産についての税金などの費用は、共有者全員で負担することが民法に定められているので、1人で不動産を管理するよりは負担が少ないです。

しかし、滞納した場合は、共有不動産が差し押さえられる場合もあるので、余計な税金を払う余裕がない場合は、早めに売却するなどの対策を取りましょう。

毎年かかるわけではない修繕費も安いものではなく、ひどい雨漏りの修理代は80〜200万円ほど、水道の水漏れ等の修理には2万円ほどかかります。

共有物件を保有するリスクの中でも、お金に関するリスクはしっかり把握しておきましょう。

共有物件をトラブルなく売却するには

共有物件をトラブルなく売却するには

ここまでお伝えしてきた通り、共有物件自体を売却するには、共有者全員の合意が必要ですが、全ての共有者の合意をもらうのはかなり難しいです。

さらに、売却したい旨を他の共有者に伝えてから関係が崩れ、トラブルになることもあります。

そこで、共有物件をトラブルなく売却したい方におすすめなのが、買取業者に自分の持分のみを売却する方法です。

買取業者に自分の持分のみを売却

自分の持分のみを売却する際は、他の共有者に合意を得る必要がないので、すぐに売却できます。

しかし、売却価格が安くなる点も理解しておかなくてはいけません。

買主側からしたら、物件自体を購入するわけではなく、さまざまな制限がある共有持分を購入することになるで、売却価格は安くなります。

共有持分を高く売却したい方は、以下の内容に当てはまる業者を選ぶのがおすすめです。

  • 共有持分の買取実績がある
  • 共有持分の買取実績を公開している
  • 共有不動産の知識が豊富な方が在籍している
  • 相続物件も得意と明記されている
  • 口コミや評判が良い
  • 弁護士や税理士などの専門家と提携している

共有持分を高く売るためには、今までに共有持分を買い取った実績がある業者や、共有物件を売買するノウハウがある業者を選ぶ必要があります。

適当に業者を選んでしまうと、市場価格より何割も安い価格での売却になることもあるので、慎重に選びましょう。

専門業者に依頼

滋賀の共有持分買取業者まとめ

今回は、共有持分買取業者や、共有物件の特徴やリスクについてお伝えしてきました。

共有不動産の所有者ができることをもう一度お伝えすると、以下の通りです。

単独でできる事
  • 共有不動産のリフォームや修繕
  • 共有不動産の利用
  • 持分のみの売却
合意が必要な事
  • 共有不動産を賃貸物件として貸し出す
  • 共有不動産の大幅なリフォームや修繕
  • 共有不動産の処分

単独でできる事と合意が必要な事で、できることが異なりました。それぞれできることをもう一度確認しておきましょう。

共有物件を保有しているリスクは、以下の3つありました。

  • 売却が困難
  • 共有者が増え続ける
  • 費用がかかる

特に、固定資産税や都市計画税(地域によっては支払わない)を毎年支払う必要がある点には、注意が必要です。

共有持分を保有するリスクを避けたい方や、できるだけ高く売却したい方は、今回紹介した買取業者を参考に選んでみてください。

\【無料】かんたん見積もり/

>>訳あり物件の買取はこちら

公式サイト:https://wakearipro.com

コメント

訳あり物件の売却相談はこちらから

閉じる