訳あり物件の専門家に無料相談してみる

亡くなった親の土地の名義変更費用はいくら?必要書類や税金も解説!

相続物件

「親が亡くなって土地を相続したけど、名義変更にかかる費用がいくら必要かわからない……」

亡くなった親名義の土地を相続人に名義変更することを「相続登記」と呼びます。土地を相続するには相続登記が必要と聞いたものの、具体的な費用や手順がわからない方も多いでしょう。

亡くなった親の土地の名義変更にかかる費用相場は、自分で登記手続きをするなら5,000円程度・司法書士に依頼する場合は6万円〜10万円程度(登録免許税は除く)です。

今回の記事では、亡くなった親の土地の名義変更に必要な以下の情報についてお伝えします。

  • 亡くなった親の土地の名義変更が必要な3つの理由
  • 亡くなった親の土地の名義変更にかかる4つの費用と税金
  • 亡くなった親の土地の名義変更の5つの手順
  • 亡くなった親の土地が不要の場合の3つの対策
  • 不要な亡くなった親の土地を高額売却する方法

本記事を読めば、亡くなった親の土地の名義変更に必要な費用や手順と、高額売却する方法もわかります。

なお、土地を相続する際は、今後活用予定がないなら売却をするのも一つの手段です。

更地は宅地に比べて、最大6倍まで土地の固定資産税が上がるため、相続した翌年以降の維持費の負担が重くなるからです。

「なんとなく相続するつもりだったけど、土地の維持費が高いならいらない」といった場合は、売却して手放すのも一つの選択肢として検討しましょう。

なお、弊社AlbaLink(アルバリンク)は、日本全国の相続物件を買い取っている買取業者です。司法書士とも提携しているため、煩わしい相続登記の手続きに関するアドバイスやサポートも可能です。

無料査定は365日受付中です。査定・相談のみの問い合わせも歓迎ですので、いつでもお問い合わせください。

>>【亡くなった親の土地を高額売却!】無料の買取査定を依頼する

相続で困った不動産の売却は「訳あり物件買取ナビ」へ!

相続でお困りの不動産でも高額で売れる!

無料で相続物件の高額査定を試す

亡くなった親の土地の名義変更が必要な3つの理由

亡くなった親の土地を相続人に名義変更することを「相続登記」と言います。

相続登記とは?

相続登記をされない状態で放置された土地である「所有者不明土地」が、国土の2割以上を占めていることから「相続登記をしなくても大丈夫」と考える人が少なくないことがわかります。

参照元:国土交通省|所有者不明土地の実態把握の状況について

しかし、亡くなった親の土地を名義変更しないデメリットは大きいため、相続登記は早期に済ませておくべきです。

相続した不動産を名義変更しないリスクについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

やってはいけない実家の相続は4つ!あなたの実家の最適な対処法も紹介
売れない訳あり不動産の情報メディア

この章では、亡くなった親の土地の名義変更が必要な以下3つの理由について解説します。

  • 土地を売買や建築ができない
  • 相続人が複雑化する
  • 相続登記は義務化されて罰金の対象になる

土地を売買や建築ができない

相続登記をしないまま放置していると、土地の売買や建築ができません。

故人名義から相続人(自分)に所有権を移転させなければ、土地を自由に処分・活用する際、権利の主張ができないからです。

たとえば、土地を売却するにも親名義のままでは自分が所有者であることを証明できないため、売買契約に進めません。

自分が所有者であることを第三者に主張するためには、登記上の名義人になっておく必要があります。これを「対抗要件」と言います。

参照元:e-Gov法令検索|民法第177条

土地の名義変更を済ませておかなければ、いざ売却したいと考えたときに相続人同士の話し合い・登記手続きが必要となり、売りたいタイミングで売却できなくなるのです。

相続人が複雑化する

相続人が複雑化するのも、早期に名義変更をするべき理由の一つです。

相続登記をするためには、相続人全員の住民票・戸籍謄本など書類が必要になるため、相続人同士が連絡を取り合う必要があります。

その際、相続登記しなかった期間に数回代替わりがあった場合、「誰が相続人か」を特定して連絡をとるのが難しくなるのです。

No707  相続のたびに権利関係が複雑になる

相続人が把握できない場合、亡くなった親の戸籍謄本を収集して、相続人を確定する調査をした上で連絡をとって必要書類を収集する必要があり、相続登記そのものが難しくなります。

当然ですが、自分が亡くなった後の遺産は次世代に引き継がれるため、相続関係が散々複雑になった土地を子どもや孫に受け継がせて苦労をかけることになります。

相続登記は、相続人同士が連絡をとりやすいうちに自分の代で済ませておくのが最善策です。

相続登記は義務化されて罰金の対象になる

亡くなった親の土地は名義変更を行わなければ、10万円以下の過料の対象になります。

冒頭でお伝えした「所有者不明土地」の増加が社会問題となり、2024年4月1日から相続登記が義務化されています。

参照元:法務局|相続登記が義務化されます(令和6年4月1日制度開始) ~なくそう所有者不明土地!~

相続登記の義務化により、以下のようにルールが規定されています。

  • 「相続の開始・不動産の取得を知った日から3年以内」に相続登記の申請が必要
  • 期限内に正当な理由もなく相続登記をしなかった場合、10万円以下の過料の適用対象
  • 令和6年4月1日より前に開始した相続および不動産取得も相続登記の申請義務の対象

参照元:法務局|相続登記の申請義務化の施行に向けたマスタープラン

このように、法改正前に相続した土地に関してもペナルティの対象となるので、相続登記の手続きが複雑になる前に済ませておく必要があります。

亡くなった親の土地の名義変更にかかる4つの費用と税金

前述したように、土地の活用制限・金銭的な負担などさまざまなデメリットが生じるため、亡くなった親の土地は名義変更が必要です。

土地の相続登記をする方法は、「自分で行う」「司法書士に依頼する」の2パターンがあり、両者では費用相場が以下のように異なります。

自分で相続登記を行う 司法書士に相続登記を依頼する
5,000円前後 + 登録免許税 6万円~10万円 + 登録免許税

なお、司法書士報酬は、相続人の人数・土地の価格などの諸条件で異なるため、依頼する前に費用を確認して、資金を用意しておきましょう。

この章では、亡くなった親の土地の名義変更にかかる以下4つの費用と税金をお伝えします。

  • 必要書類の取得費用
  • 登録免許税
  • 司法書士報酬
  • 相続税

必要書類の取得費用

相続登記するための必要書類の取得にかかる費用は、おおむね5,000円前後です。

必要書類と費用の内訳は、以下のとおりです。

書類 取得費用
戸籍謄本 450円
除籍謄本 750円
改製原戸籍謄本 750円
被相続人の住民票の除票 300円〜400円
相続人の住民票 200円~300円
相続人の戸籍謄本 450円
印鑑証明書 200円~300円
登記簿謄本 480円〜600円
固定資産評価証明書 200円~400円

上記のうち、戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本は「亡くなった人(被相続)の出生から死亡までのすべての謄本」が必要です。

戸籍謄本が合計で何通必要になるかは人によって異なりますが、1人あたり5枚〜6枚程度が平均と言われています。

よって、相続登記の必要書類の取得費用は約5,000円程度かかると考えると良いでしょう。

登録免許税

登録免許税とは、土地や建物を取得したときの登記手続きにかかる税金です。

相続による所有権移転登記をする場合、以下の計算式で税額を算出します。

登録免許税 = 不動産の固定資産税評価額 × 0.4%

参照元:国税庁|No.7191 登録免許税の税額表

たとえば、土地の固定資産税評価額が1,000万円だった場合、登録免許税は4万円となります。

なお、土地の固定資産税評価額は以下の方法で調べられます。

  • 毎年4月〜6月に送付される「固定資産税課税明細書」で確認する
  • 役所で固定資産課税台帳・固定資産評価証明書を取得する

固定資産評価証明書には、以下の画像のように当年度の土地・家屋の評価額が記載されています。

登録免許税は後述する「相続登記申請書」に金額分の収入印紙を貼り付けて提出し、納付完了となります。

司法書士報酬

相続登記は自分で手続きも行えますが、手続きが煩雑であるため、司法書士に依頼するのが一般的です。

日本司法書士会連合会が全国の司法書士に対して行ったアンケート調査によると、相続登記を依頼する際の司法書士報酬の全国平均は約6万5,000円です。

日本司法書士会連合会|報酬アンケート結果

引用元:日本司法書士会連合会|報酬アンケート結果(2018年(平成30年)1月実施)

司法書士報酬は相続人の数・土地の価格・依頼する範囲によっても異なるため、6万円〜10万円程度の幅があると認識しておくと費用を準備しやすいでしょう。

司法書士報酬の支払いは、登記申請の前に振込みで行われるケースが一般的です。

相続税

相続税とは、被相続人の財産を相続人が受け継ぐ際に、遺産総額が基礎控除を超えた場合にかかる税金です。

亡くなった親の土地を相続する際、遺産総額によっては相続税もかかるため、現金の用意が必要となります。相続税の基礎控除額の計算式は以下のとおりです。

3,000万円 + (600万円 × 法定相続人の数)

参照元:国税庁|No.4102 相続税がかかる場合

法定相続人は民法で定められた故人の財産を相続できる人です。法定相続人の範囲

参照元:国税庁|No.4132 相続人の範囲と法定相続分

たとえば、父(故人)・母・子ども2人の家庭の場合、法定相続人は3人であるため、計算式は以下のようになります。

3,000万円 + (600万円 × 3) = 4,800万円

上記の例では、4,800万円が基礎控除額となるため、遺産総額が4,800万円未満であれば、相続税は発生しません。

なお、相続税が発生する場合、税額の支払い時期は「 相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内」に、亡くなった親の土地の所在地を管轄する税務署に納付が必要です。

原則、現金一括での納付であるため、手元にお金がない場合は金融機関から借入するなどして資金調達を済ませておきましょう。

不動産の相続税については、以下の記事で詳しく解説しています。

不動産の相続税とは?概要や納付方法、共有持分の計算方法について解説!
売れない訳あり不動産の情報メディア

亡くなった親の土地の名義変更の5つの手順

ここまでは、亡くなった親の土地の名義変更に必要な費用について解説しました。

費用の準備ができたら、相続登記の申請に移行しましょう。

亡くなった親の土地の名義変更は以下5つの手順で行います。

  • 自分で行うか司法書士に依頼するか決める
  • 必要書類を準備する
  • 相続登記申請書を作成する
  • 法務局に提出する
  • 登記識別情報通知を受け取る

必要書類の収集〜相続登記が完了するまでの期間は、相続の内容によって異なりますが、おおむね1ヶ月〜2ヶ月程度です。

なお、不動産相続全体の流れについては以下の記事で解説しているので、登記手続きよりも前のステップを確認したい方は参考にしてください。

不動産を相続する7つの流れがまるわかり!最適な活用方法も伝授します!
不動産を相続する際の手続きの流れを分かりやすく解説します。相続した不動産を放置するリスクや売却方法もご紹介しているので、この記事を読めば不動産の相続から売却までの流れをスムーズに進められるようになります。

自分で行うか司法書士に依頼するか決める

まずは、相続登記を自分で行うか司法書士に依頼するかを決めましょう。

相続登記を自分で行う・司法書士に依頼する2つのケースでおすすめな人を以下にまとめました。

自分で行っても良いケース 司法書士依に頼したほうが良いケース
・相続人が配偶者と子どもだけの人

・平日の日中に書類の収集や手続きの時間を確保できる人

・土地が自宅から近い人

・根気がある人

・相続人の数が多い人

・相続人同士の仲が悪い人

・相続登記を急いている人

・時間に余裕がない人

・土地が自宅から遠い人

相続登記を自分で行うメリットは「費用が抑えられる」、反対に司法書士に依頼するメリットは「手間がかからない」です。

もっとも時間がかかる工程が書類収集であるため、配偶者と子ども以外に相続人がいるか否かを、一つの判断基準にしても良いでしょう。

必要書類を準備する

まずは、相続登記に必要となる書類を集めましょう。

相続登記に必要な書類は、遺言・遺産分割・法定相続の3パターンに分類され、必要書類は以下のとおりです。

書類 遺言 遺産分割 法定相続
被相続人の戸籍一式
被相続人の住民票の除票
相続人の住民票
相続人の戸籍謄本
印鑑証明書 × ×
登記簿謄本
固定資産評価証明書
遺産分割協議書 × ×
相続関係説明図 ×
遺言書 × ×

それぞれの書類の取得場所は下記のとおりです。

  • 被相続人の戸籍一式:被相続人の本籍地の役所
  • 被相続人の住民票の除票:被相続人の最後の住所地の役所
  • 相続人の戸籍謄本:相続人の本籍地の役所
  • 相続人の住民票・印鑑証明書:相続人の住所地の役所
  • 登記簿謄本:法務局
  • 固定資産評価証明書:自宅、もしくは対象の不動産が所在する役所

なお、上記は一般的に必要とされる書類で、追加で必要書類が発生する場合があるため、法務局に問い合わせて確認しましょう。

相続登記申請書を作成する

必要書類が揃ったら、法務局に提出する相続登記申請書を作成しましょう。

相続登記申請書の作成は、法務省のホームページから様式をダウンロードして、見本通りに記入する方法がもっとも簡単です。

申請書の様式は、相続の方法によって大きく4つに分かれるため、自身の相続パターンに合致するひな形を選びます。

参照元:法務局|不動産の所有者が亡くなった

たとえば、法定相続分によって土地を相続する場合、以下の登記申請書をダウンロードして記載例を参考にしながら必要事項を記入します。

所有権移転登記申請(相続・法定相続)

引用元:法務局|所有権移転登記申請書(相続・法定相続) 

相続登記申請書が作成できたら、必要書類と一緒に法務局へ提出します。

法務局に提出する

相続登記申請書と必要書類が揃ったら、対象の土地を管轄する法務局に申請します。

管轄する住所地を間違えると、受け付けてもらえないため、法務局ホームページの「管轄一覧から探す」「地図から探す」で提出先を確認しておきましょう。

参照元:法務局|管轄のご案内

なお、登記の申請は郵送でも可能です。その際は、登記申請書・必要書類を入れた封筒の表面に「不動産登記申請書在中」と記載し、書留郵便で法務局に送付しましょう。

相続登記申請書・必要書類に不備がなければ、1週間〜2週間ほどで相続登記が完了します。

なお、不備がある場合、再度法務局へ向かって補正処理をする必要があります。

登記識別情報通知を受け取る

申請から1週間〜2週間ほどで登記が完了し、登記識別情報通知が発行されます。

登記識別情報通知とは「自分が対象の土地の持ち主であること」を証明する権利証です。

土地を売却するとき、所有権移転登記・抵当権設定登記・抵当権抹消登記など、不動産権利にかかわる登記をする際、必要となります。

登記官が本人確認手段の一つとして使用する重要な書類であるため、大切に保管しましょう。

亡くなった親の土地が不要の場合の3つの対策

ここまで、亡くなった親の土地を名義変更する方法について解説しました。

ただし、亡くなった親の土地を今後活用する予定がないなら、受け継がず処分したほうがよいです。

なぜなら、更地は宅地に適用される税の優遇措置である「住宅用地の特例」が適用されず、土地の固定資産税が最大6倍まで跳ね上がるからです。

参照元:東京主税局|固定資産税・都市計画税(土地・家屋)

 固定資産税は、土地の固定資産税評価額に1.4%を乗じて計算します。たとえば、土地の固定資産税評価額が2,000万であれば、翌年支払う固定資産税額は28万円です。

とくに活用する予定がない土地に、年間約30万円の税金を支払い続けるのは家計を圧迫する原因となるため、不要なら処分も視野に入れましょう。

なお、いらない親の土地を所有し続けるリスクについては、以下の記事で解説しています。

いらない親の土地を手放す3つの方法|ベストな売却方法と注意点も解説
売れない訳あり不動産の情報メディア

この章では、亡くなった親の土地が不要の場合の3つの対策について解説します。

  • 相続放棄する
  • 国や自治体に寄付する
  • 売却する

相続放棄する

「相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内」であれば、相続放棄するのも一つの手段です。

参照元:e-Gov法令検索|民法第915条

相続放棄とは、被相続人が故人の財産を引き継ぐ権利を放棄することです。

相続放棄

期限内に対象の土地を管轄する家庭裁判所に申し立てをして受理されると、相続放棄が完了し、相続人ではなくなります。

相続放棄をすれば、亡くなった親の土地の名義変更にかかる手続きもなく、今後の維持費からも解放されるので、労力と費用を両方浮かせられます。

ただし、相続放棄する際は特定の財産を限定して放棄できません。よって、「財産・土地をどちらも相続する」「財産・土地をどちらも相続放棄する」の2択となります。

現金・骨董品など、故人から受け継ぎたいプラスの財産がある場合には、適さない方法です。

国や自治体に寄付する

不要な土地の処分方法として、国に引き渡す・自治体に寄付するの2つの方法があります。

それぞれの方法の特徴は以下のとおりです。

国に引き渡す(相続土地国庫帰属法)
相続・遺贈で取得した土地を一定の要件を満たすことを条件に引き渡せる国の制度。相続放棄しなくても、不要な土地を限定して手放せるが、土地が一定の要件を満たしていることが前提条件となる
自治体に寄付する
主に公的利用が見込まれる土地であれば、地方自治体の担当窓口で相談すれば寄付できる可能性がある。公共機関に引き取ってもらえる安心感はあるが、現実的に寄付が受け入れられるケースは非常に少ない

どちらも、寄付先が国や公的機関であるため、第三者に譲渡するよりもトラブルが起こりにくく、取引における安心感が得られます。

ただし、国・自治体のどちらも要件が厳しく、引き取ってもらえない可能性がある点は要注意です。

たとえば、相続土地国庫帰属法では、「境界が明らかでない土地」「通常の管理に費用・労力がかかる土地」などは申請できない、もしくは申請が却下されます。

参照元:法務省!相続土地国庫帰属制度において引き取ることができない土地の要件

一方の自治体への寄付は、東京財団の調査によると「受け取る土地事例」について「公的利用が見込める場合」と回答した自治体が94%と、寄付のハードルが非常に高いことがわかります。

参照元:東京財団|土地の「所有者不明化」~自治体アンケートが示す問題の実態~

相続土地国庫帰属法と自治体へ土地を寄付する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

いらない土地を国に返す「相続土地国庫帰属制度」の真実を完全解説!
売れない訳あり不動産の情報メディア
土地を自治体へ寄贈したら必ず引き取ってもらえる?【専門家が解説】
土地を自治体へ寄贈したいと考えている方へ向けて、必ず引き取ってもらえるのかについて解説します。土地を自治体に寄贈できない場合の対策もご紹介しているので、この記事を読むと確実に土地を手放せるようになります。

国や自治体にとって利用価値がある土地で、なおかつ譲渡先を公的機関に限定したい場合、おすすめできる方法です。

売却する

亡くなった親の土地が不要な場合、売却も検討しましょう。

売却であれば、プラスの財産を受け継ぎながら土地を限定して手放せます。

厳しい要件にクリアする必要も煩雑な手続きもなく現金化できるため、もっともハードルが低い処分方法と言えます。今後、親が亡くなった土地を名義変更してまで活用する予定がないなら、売却したほうが家計にもプラスになるでしょう。

土地の売却方法には、仲介・買取の2種類があり、両者には下記のような特徴の違いがあります。

仲介と買取の違い

仲介業者
売主と買主の間に入って売買契約をサポートする業者。マイホーム購入を検討している一般の買主に向けて販促活動を行ってもらえる
買取業者
売主の不動産を直接買い取る業者。買い取った不動産をリメイクして再販するため、そのままの状態で売却できる

大まかな違いとしては「高く売りたいなら仲介」「早く簡単に売りたいなら買取」です。

ただ、土地の諸条件によってどちらの売却が最適かは異なります。

仲介・買取の違いについては以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方はお読みください。

仲介と買取の違いをサクッと理解しよう!【どちらが最適か教えます】
不動産売却における仲介と買取の違い、仲介と買取が向いている不動産の特徴を解説します。この記事を読むと不動産の売却時に仲介と買取のどちらがよいのかを適切に選択できるようになり、不動産売却を成功に導けます。

この章では、亡くなった親の土地を売却する以下2つの方法を解説します。

  • 立地が良い土地は仲介業者に売却を依頼する
  • 立地が悪い土地は買取業者に買い取ってもらう

立地が良い土地は仲介業者に売却を依頼する

親が亡くなった土地の立地が良いなら、仲介業者に売却を依頼しましょう。

仲介業者は、不動産市場でもっとも規模の大きい「マイホームを前提に家探しする一般の買主」に向けて販促活動を行います。

立地の良さは土地探しでもっとも重要視されるポイントなので、好立地であれば、強気な価格で売却可能です。

実際に、弊社が行った「家を購入した経験のある493人」へのアンケート調査では「立地が重要視される」という調査結果となりました。

アンケート

引用元:訳あり物件買取プロ【家を購入する際に優先したことと妥協したこと】経験者493人アンケート調査

このように、立地を重視する人は価格を重視する人よりも母数が多く、強気な価格設定でも売却の見込みがあることがわかります。

なお、一般的に立地の良さは、交通の利便性の良さを指します。たとえば、都心部なら主要ターミナルまで乗り換えなしでアクセスできて、駅から徒歩10分以内、などです。

親が亡くなった土地が立地に恵まれているなら、仲介業者に相見積もりを取りましょう。

立地が悪い土地は買取業者に買い取ってもらう

親が亡くなった土地の立地が悪いなら、仲介業者に売却を依頼しましょう。

買取業者なら、立地が悪い土地でも問題なく売却可能です。なぜなら、立地が悪い場所をどう活用すれば収益化できるかを熟知している専門家だからです。

たとえば、賃貸経営として敷金・礼金なし・家具・家電付きなど、付加価値をつけた物件として運用する、あるいは客付けをした状態で不動産投資家へ再販するなどです。

立地が悪い土地も、「マイホームを求める人に宅地として売り出す」だと売却の難易度は高いですが、ターゲットと売り出し方を変更することで、短所を強みに変換できます。

不動産の売却のしやすさは不動産会社のもつ活用ノウハウによって異なるといっても過言ではありません。

くわえて、買取業者に将来の収益の見込みが立つ分、売却価格が高額になりやすいのも特徴です。

さらに、買取業者は双方が契約条件に合意すれば、平均1週間〜1ヶ月で決済まで進むため、売れるまでの維持費に悩まされる必要がありません。

「名義変更の手続きが面倒」「できる限り高く売りたい」と考えるなら、活用ノウハウが豊富な買取業者に相談しましょう。

なお、弊社AlbaLink(アルバリンク)は、悪立地や相続不動産に強い買取業者です。

不動産市場で売れにくい家・土地を積極的に買い取っており、Google口コミでは多くのお喜びの声を頂戴しております。

相馬桂子
相馬桂子
2023-09-29
担当してくれた方がとても優しく 迅速に処理していただけてるので助かっております
豊田直子
豊田直子
2023-09-04
役場から空家の適切な管理をお願いしますと通知が来ました。早くどうにかしないとご近所に迷惑がかかると思いネットでアルバリンクさんを検索し相談しました。担当の野間さんが丁寧な対応で「一緒に頑張りましょう」と言って頂き、心強かったです。買取りもスピーディで、本当に感謝しています。ありがとうございました。
山本建夫
山本建夫
2023-09-01
二十数年前に四国(松山市内)の実家を相続しましたが、今後とも活用の予定がなく、処分(売却)する方向で地元(松山市)の不動産業者を中心に処分の相談をしていましたが、立地条件等の関係から話がまとまらず、困っていました。 そんな折、たまたまテレビ(フジテレビ系列)でアルバリンクさんの「空き家処分について」の放映が目に留まりました。早速、相談させていただこうと電話で土地と建物の現状を説明したところ、担当の方(池澤さん)が非常に親切で丁寧にご対応くださり、おかげさまで売買契約の締結に至りました。アルバリンクさんのテレビ放映を見るまでは、もう処分は無理かと諦めていたこともありました。 アルバリンクさん(担当:池澤さん)に出会えて本当に良かったです。感謝しております。ありがとうございました。
木村敏子
木村敏子
2023-08-12
このたびは、アルバリンク担当安藤様に大変お世話になりました。父の相続手続きで、一番ネックだったのが、10年近く空き家状態になっていた実家の処遇でした。地元の不動産屋数件にも現地確認に来てもらいましたが買い取りを断られ続け、更地にしてはどうか?と提案されましたが、数百万かけて解体しても、再建築不可の土地のため、売れるはずがないと途方に暮れていました。 そんな時、たまたまネット検索で訳あり物件買取プロがヒットし、安藤さんと数回お電話させていただき、とても親しみやすい方で親身に話を聴いていただいたことを覚えています。しかも、ラインで実家の写真や不動産関係書類を送信するだけで、こういった取り引きが成立することに、まずは驚きました。先祖代々引き継がれた、父母とも過ごした思い出の家でしたが、再建築不可の場所でもアルバリンクさんのおかげで、所有権移転登記することができました。誠に感謝申し上げます。 今回、アルバリンク様のおかげで売却できたこと、お盆のお墓参りで先祖にも報告できましたし、自分自身の気持ちもスッキリ軽くなりました。本当にありがとうございました!!
ちゃむ
ちゃむ
2023-07-28
再建築不可(家の側の道は原付が通れる幅しかない)、残置物あり、長年動物を飼育していたため家屋のダメージあり…と地元の不動産会社数件には相手にもされなかった実家の物件を藁にもすがる思いでアルバリンク様に相談させて頂きました。きっと断られるんだろうなと思いましたが、担当の池澤様から前向きな返答を頂きビックリした事を覚えています。 私が体調面で不安を抱えていた事も考慮して下さり、なるべく身体に負担のないようにスムーズに進めて下さいました。 リフォームするとしても数百万かかるだろうし、同じく数百万かけて解体しても使い道がなく税金が跳ね上がるだけの負の遺産を手放せた時には長年の悩みが無くなり肩の荷が下りました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。御丁寧に対応して下さり本当にありがとうございました。
森の熊
森の熊
2023-07-21
不動産の悩みは、同業多くあれどAlbaLinkさんは外さない方がいいです。担当者さんが親身で丁寧、LINEでリアルタイムに写真付きでやり取り出来て話も早い。安心して取り引き出来ます、たいへん助かります。
おはゆうちゃん
おはゆうちゃん
2023-06-28
再建築不可&傾いた古い家の処分で困ってました。 地元の不動産では相手にもされず、固定資産税の関係で更地にもできず、草抜きや隣家との対応など高年齢が近い夫婦ではとても日頃の管理は重労働でした。 こちらに相談したところ快く買い取っていただき、肩の荷がおりました。本当にありがとうございました。 担当いただいた菊池様の心遣いに感謝しております。
ウーティスメチウス
ウーティスメチウス
2023-06-09
横浜在住です。築50年以上の中国地方の再建築不可戸建てを相続し、不動産買取業者に聞いても断られ、処分に困っていました。必死の思いでネットで見つけたアルバリンクさんに査定依頼したところ、すぐに米長さんからご連絡をいただき、親身に相談にのっていただきました。一週間後には売買契約書に署名捺印の運びとなりました。本当に助かりました。

無料査定は365日受け付けております。査定のみのご連絡も大歓迎ですので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

>>【立地が悪い土地でも高額売却!】無料の買取査定を依頼する

まとめ

本記事では、亡くなった親の土地の名義変更にかかる手順・費用について解説しました。

土地の名義変更は、5,000円程度の費用で自分で行う方法と、司法書士に6万円〜10万円程度支払って代行してもらう方法の2種類があります。(登録免許税を除く)

しかし、亡くなった親の土地を今後活用する予定がないなら、相続登記をせず、買取業者に売却するのも一つの手段です。

買取業者なら、売主が費用・手間をかけず、相続した土地をそのままの状態で売却できます。

なお、弊社AlbaLink(アルバリンク)は、日本全国の相続した土地を積極的に買い取っている買取業者です。

悪立地・いわく付き土地・底地など、市場で売却の難易度が高い土地も、独自の活用ノウハウを駆使して、できる限り高額買取に対応しています。

無料査定は24時間365日受け付けておりますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

もちろん、査定・相談のみのお問い合わせも歓迎しております。

>>【亡くなった親の土地を高額売却!】無料の買取査定を依頼する

監修者
株式会社AlbaLink代表取締役の河田憲二です。同社は地方の空き家などの売れにくい不動産に特化して買取再販を行う不動産業者です。同社が運営しているサービスサイトである「訳あり物件買取ナビ」の運営者も務めています。同社は東京証券取引所東京プロマーケット市場にも上場している不動産会社です。

    物件種別必須

    物件住所必須

    お名前必須

    電話番号

    メールアドレス必須

    備考

    個人情報の取扱いについて」に同意の上、送信してください。

    簡単入力30秒
    訳あり物件の売却は
    今すぐご相談ください
    相続物件
    この記事をシェアする
    facebook twitter
    訳あり物件買取ナビ by AlbaLink
    相続でお困りの不動産の高額査定はこちら!