訳あり物件の専門家に無料相談してみる
監修者

西岡容子 司法書士

熊本にて夫婦で司法書士西岡合同事務所(平成18年4月開設)を営む。
10年以上の実務経験で、不動産関連登記の経験も豊富。現場での経験を活かしてユーザーのためになる確かな記事を執筆中。

日本司法書士会連合会

サイト

http://www.nishioka-office.com/

西岡容子 司法書士 監修の記事一覧

その他

敷地境界線をめぐるトラブル3選&回避法4選【司法書士が徹底解説】

敷地境界線が曖昧な場合に起こり得るトラブル事例と解決方法について解説します。この記事を読むと境界トラブルを回避するためにすべきことが分かり、敷地境界線が不明確な土地をスムーズに手放せるようになります。
共有名義不動産

共有名義の変更でかかる費用や変更方法について司法書士が解説

共有名義を変更する登記手続きの流れや共有持分移転登記にかかる費用、共有名義を変更する際の注意点を解説します。この記事を読めば速やかに共有名義の変更ができるようになり、のちのトラブルを回避できます。
相続物件

先祖代々名義を変更していない土地の売却方法【司法書士が解説】

土地の名義が先祖代々変更していないとどのようなリスクがあるのか、どのように相続登記をすればよいのかについて解説していきます。この記事を読むと、土地の名義が先祖代々変更していない場合の対処法が一目瞭然です。
その他

共有不動産の遺産分割協議書の作成方法と注意点【司法書士が徹底解説】

共有不動産を相続する際の遺産分割協議書の書き方や作成手順、不動産の名義人を決めるときの注意点を解説します。この記事を読むと共有不動産の遺産分割協議がスムーズに進み、相続トラブルを解消できるようになります。
その他

差し押さえられた不動産の売却を成功させる4ステップ【司法書士が解説】

差し押さえられた不動産を所有者が自主的に売却する方法は、債権者に承諾を得て売却する「任意売却」しかありません。任意売却は売却までのスピードと法的な知識の両方が求められるため、任意売却に強い専門の不動産会社に依頼することをお勧めします。
共有名義不動産

共有持分の遺言書の正しい作成方法&作成時の注意点【司法書士が徹底解説】

共有持分の不動産を相続する際は、遺言書を作成しましょう。遺言書がないとネズミ算式に共有者が増えてしまい、後々、トラブルになる恐れがあるためです。この記事では、遺言書の作成方法や注意点、共有者同士で揉めてしまった場合の対処法について解説しています。
共有名義不動産

共有名義の不動産が差し押さえられた場合の対処法6選【司法書士が徹底解説】

共有名義の不動産において、共有者が差押えを受けると、どのようなことが起き、あなたにどのような影響があるのかを解説します。また、共有者やあなた自身が差押えを受けた場合の対処法について、司法書士が法的根拠を示しながら徹底解説します。
共有名義不動産

私道持分によるトラブル4選!売却方法についても司法書士が徹底解説

私道持分について、どのようなトラブルが起きる可能性があるか、また、私道持分のある不動産を売却する際の注意点、ベストな売却方法について、司法書士が法的な根拠を示しながら徹底解説しています。私道持分による最新の法改正についても触れています。
空き家

空き家の名義変更の方法や費用【令和6年4月から相続登記は義務化されています!】

不動産に相続が発生したら必ず相続登記を行いましょう。相続登記を怠ると「売却できない」「罰則の対象になる」等、多くのリスクがあるからです。この記事では、相続の際の名義変更の方法や期限、費用を解説します。
共有名義不動産

共有持分を交換して共有関係を解消する方法|共有物分割との違いも解説

同じメンバーで共有している不動産が複数ある場合、各自の持分を交換してそれぞれの単独所有にできます。主に共有関係を解消するためにとられる手段です。ですが、共有関係の解消には他にも様々な方法があります。記事内では、あなたがどの方法で共有関係を解消するべきか解説します。
不動産の高額買取査定はこちらから!