空き家買取事業Purchase of Vacant Houses

TOP > 事業内容 > 空き家買取事業

売却が困難な
空き家を高額買取

古い空き家は通常の不動産会では取り扱いが困難ですが、
弊社では、築古・傷みがヒドイ・荷物がそのまま、
他社で断れた物件まで、現状のまま積極的に買い取り可能です。

北海道から沖縄まで
年間3,000件の相談実績


私たちが最短12時間で
ご査定いたします

こんな空き家でも買い取り可能

  • 著しく古い空き家
  • 長期間放置されている物件
  • 建物の傷みがひどい
  • 室内に荷物がそのまま残っている
  • ゴミ屋敷化している空き家
  • 空室だらけのアパート
  • 地方の田舎にある空き家
  • 他社で断れてしまった空き家
  • 事故のあった空き家
  • 再建築不可の空き家
  • 共有名義になっている空き家
  • 違法建築の空き家
無料の相談・査定依頼はこちら
0120-542-956
【受付時間】10:00~19:00(日曜定休)

※非通知からのお電話は受け付けられません

査定フォームへ年中無休 24時間365日受付中

株式会社 Alba Link の
空き家買取事業

高額査定

高額査定

「他の不動産屋で断られた」「査定がかなり安かった」そんな空き家でも全力で買い取りします。

日本全国対応

日本全国対応

北海道~沖縄まで年間3,000件のご相談を頂いております。空家の所在地が遠方でもお気軽にご連絡ください。

最短12時間査定

最短12時間査定

最短12時間での査定が可能です。担当者とお客様のご都合次第では数日での現金化も可能です。

そのままの状態で
買い取り可能

そのままの状態で買い取り可能

空き家は、遺品整理や、家具・家財の処分、ゴミの撤去、も同時に必要なケースもありますが、全てそのまま弊社で買取らせて頂けます。

メディアに
多数掲載

テレビ・雑誌・新聞・ラジオなどから多数の取材を受けています。

弁護士・司法書士・税理士の

完全バックアップ

弁護士・司法書士・税理市の完全バックアップ

「相続で揉めている・・・」「相続人が複数いる・・・」「近隣からクレームが来ている・・・」「行政から注意を受けている・・・」といった場合でもご相談ください。

空き家の放置は
リスクだらけ

A:損害賠償を請求される

損害賠償を請求される

A:損害賠償を請求される

安全に保守されていない空き家のせいで、通行人や隣家に被害を与えてしまった場合、所有者は損害賠償請求を受けることになります。本来なら保守点検を怠っていても、保険にさえ入っていればリスクを回避できますが、空き家だと適用外となることがほとんどです。

B:行政から差し押さえを受ける

行政から差し押さえを受ける

B:行政から差し押さえを受ける

行政から特定空家(危険な空き家)として、「指導」や「勧告」を受けたにも関わらず、所有者が無視し続けると、空き家が強制的に解体される可能性があります。しかも、数百万円単位の解体費用は所有者に支払い義務があり、払わないと給与等を差し押さえられてしまいます。

C:無駄な維持管理費を負担し続ける

無駄な維持管理費を負担し続ける

C:無駄な維持管理費を負担し続ける

利用していなくても空き家の所有者は固定資産税と都市計画税を負担し続けなければなりません。田舎で負担額が安いとしてもこれから数十年と考えれば数百万円の出費となってしまいます。

D:資産価値が減少し続ける

資産価値が減少し続ける

D:資産価値が減少し続ける

当然ですが、建物は時間の経過とともに老朽化し価値が減少していきます。どんな空き家も、今この瞬間の価値が最も高いのです。

E:犯罪に利用される

犯罪に利用される

E:犯罪に利用される

特に長期で放置されている空き家は一目で分かるため、犯罪に利用されてしまう事例が後を絶ちません。事件が報道されたり、地元で噂になってしまえば資産価値も著しく低下します。

F:放火される

放火される

F:放火される

空き家が放火の被害にあうケースも後を絶ちません。住人がいなければ目撃されるリスクも低く、発見も遅れやすいため放火犯に狙われやすいのです。

G:不法投棄される

不法投棄される

G:不法投棄される

人目の少ない郊外の空き家は不法にゴミを投棄されるリスクもあります。最初はちょっとしたゴミが投げ捨てられていただけでも、それに便乗する悪質業者によっていつのまにか大量のゴミで溢れかえってしまったケースも少なくありません。

空き家を売却した
お客様の事例

50代女性

宮城県
戸建 空き家

父が亡くなって、そこから10年近くも空き家となっていました。最初のうちは、墓参りついでに掃除や草刈りを行っていましたが、自身の体力も落ちこれ以上の管理は無理かも知れないと感じたのが相談のきっかけです。

地元の不動産屋さんにも2社声を掛けましたが、1社には断られ、もう1社も難しそうな反応で・・・田舎とはいえ、あっさり断られてしまいショックだったのを覚えています。

最後にテレビでたまたま取り上げられていた貴社に一縷の望みを託すことに。空き家を専門に扱っているだけあって問い合わせの段階から安心感があり、金額にも納得できたのが、決め手です。荷物が結構残っていましたが、そのままで問題ないとのことで有難かったです。

年間7万円の固定資産税もなくなり、夫と旅行でも行こうかと相談しています。ありがとうございました。

40代男性

千葉県
戸建 空き家

父から5年前に実家を相続。「どうにかしなきゃな」と、頭の片隅にはあったのですが、私が東京に住んでいることもあり、後回しになっていました・・・。すると、突然地元の役所から連絡が入り、このままだと「特定空家」に指定されてしまうとのこと。

台風で屋根の一部がお隣さんの建物にぶつかって通報が入ったようでした。被害自体はほとんどなく、父との関係性もあり謝罪だけで済んだのですが、人に当たっていたらと思うと本当に恐ろしかったです。

さらに、特定空家に指定されることで税金が一気に高くなったり、最悪、強制解体されて費用は所有者負担となることが分かりました。

交通の便も悪く、古い建物なので仲介ではなく、最初から買取業者さんに連絡しました。お隣さんとは和解しているものの、少し揉めてしまった経緯もあるので、弁護士さんと提携していたことも大きな理由です。

問い合わせから2週間弱で手続きも終わり、担当さんの手際もよく、御社に買い取って貰って良かったです。

30代女性

愛知県
戸建 空き家

実家が空き家になって3年ほどたったある日、地元警察より「不審火で庭のゴミが燃えた」と連絡があり驚きました。庭には、誰が捨てたのかゴミが散乱しており、さらに空き家ということで狙われたようです。私が管理を疎かにしていたのが原因ですから、近所の方々には平謝り。

建物自体に燃え広がることはなかったので、すぐに地元の不動産屋から売り出して貰いました。しかし、1年経っても売れる様子はなく・・・田舎なこともあり不審火の件が噂になっていたのかも知れません。

地元の不動産屋からは「リフォームしろ」とか「解体も考えてみて」とか言われましたが、売却金額が安い分には仕方ないですが、先に手出しをして売れないリスクを考えると決断出来ませんでした。

そこで、そのまま買い取って貰えるアルバリンクさんに電話した次第です。担当の女性の方が年齢も近く、今までの不動産屋とは比較にならないくらい丁寧に説明してくれたので売却を決めました。

40代男性

新潟県
マンション 空き家

担当者さんには本当に何から何まで助けて貰いました。個人的な事情で売却を急いでいたのですが、休みや夜にも対応してくれて本当に感謝しかありません。マンションを見に来て貰ってから1週間後には契約という早さでした。

マンション自体には何の問題もないのですが、私の部屋(父が生前住んでいた)だけいわゆるゴミ屋敷です。

そんな最悪な状態にも関わらず、想定金額よりも高く、何よりその金額になった理由を丁寧に教えて貰えたので信用できました。特に他社さんは、後で問題があれば費用負担の可能性もあるとのことでしたが、アルバリンクさんは追加費用は100%ないと明言してくれたのが一番大きいかもしれません。

年間3,000件のご相談実績

空き家を中心に、訳アリ物件のご相談実績は年間3,000件以上です。
空き家は多くのリスクを抱えており、常に頭の片隅に不安があるという売主さんも少なくありません。

これまで数々の空き家を取り扱ってきた私達ならお手伝い出来ることがあります。
「何から手を付けてよいかわからない・・・」
こういったご相談でも大歓迎です。

ぜひ、一度ご連絡ください。

空き家に関するご相談・
お問い合わせはこちら
0120-542-956
【受付時間】10:00~19:00(日曜定休)

※非通知からのお電話は受け付けられません

査定フォームへ年中無休 24時間365日受付中

空き家買取の流れ

  • 1

    お問い合わせ

    まずは「お電話」または「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

  • 2

    ヒアリング

    空き家の査定・ご相談をされる場合、お電話にて詳細を教えてください。

  • 3

    現地調査

    空き家の特性上、現地での立ち合いは必須ではありません。
    (遠方に住んでいる等)

  • 4

    査定金額決定

    弊社としての査定金額(買取金額)をお伝えします。
    ご納得頂けた場合、契約・決済へと進みます。

  • 5

    ご契約・お振込

    ご契約書のご署名ご捺印と、売買代金をお振込いたします。
    同日に司法書士が登記して全て完了です。

空き家の現状

空き家の現状

日本全国に空き家が850万戸も存在している現状を受け、「空き家対策特別措置法」が施行。
簡単にいえば、行政は放置空き家を「特定空き家」に認定し、空き家の所有者に対し、指導・勧告・命令を出すことが可能になりました。

特定空き家に認定されると、

  • 固定資産税が高額になる
  • 罰金を科される
  • 解体費用を請求される

等のリスクがあります。

加えて、空き家は先述した多くのリスクも抱えています。空き家を放置することは問題の先送りでしかありません。
ご自身のためにも、子や孫のためにも、ぜひ空き家をリスクなく手放すお手伝いをさせてください。

空き家を売却するなら仲介と買取のどちらを選ぶべきか

空き家を売却するなら仲介と買取のどちらを選ぶべきか

ここまでご説明した通り空き家には様々リスクが存在します。
そして空き家を売却することを決意した方が、最初につまずくポイントがコレ。
「売却方法は仲介が良いの?買取が良いの?」

仲介が良いのか、買取が良いのかというのは不動産売買永遠のテーマではあります。
ただ、基本的な考え方としては、需要が高い不動産なら仲介を選び、それ以外なら買取を選ぶべきでしょう。

その理由を以下で説明します。

仕組み

  • 仲介
    売主さんから依頼を受けた不動産会社が、買主を探し契約を取りまとめる方法。
  • 買取
    不動産業者が直接不動産を買い取る方法。買主は当然ですが不動産業者になります。

仲介は、売主さんから依頼を受けた不動産会社が、インターネットなどで広告を行い、買主を探して、契約を取りまとめる方法です。買主は居住用の住宅を探している一般の個人となります。一方、買取は、不動産を不動産業者が直接買い取ります。

金額

  • 仲介
    買取より高く売れる
  • 買取
    仲介より売却金額が安くなる

仲介は、一般の買主さんをインターネットやチラシを通し、市場で広く探すため一般的には相場付近の価格で売却可能です。一方で、不動産買取業者は買い取った後に、リフォームや測量を行い、さらに人件費や広告費を負担して再販するので、仲介より売却代金は安くなります。

スピード

  • 仲介
    売れないこともある
  • 買取
    すぐに売却可能

仲介は、買主が見つからなければ永遠に売れ残る可能性もあります。需要の少ない立地であったり、老朽化が進んだ空き家は年単位で売却活動になることも少なくありません。不動産買取業者は、あくまで事業で購入するため、どんなに老朽化していようが再生可能と判断でき、金額で売主さんと合意できれば即購入可能です。

仲介手数料

  • 仲介
    必要(3%+6万円)
  • 買取
    不要

仲介で売却を行う場合、売主は仲介手数料の支払いが必要です。

売買価格 / 仲介手数料

  • 200万円以下
    5%
  • 200万円超え
    4%+2万円
  • 400万円超え
    3%+6万円

内覧立ち合い

  • 仲介
    必要
  • 買取
    不要

仲介だと、売主、買主、仲介担当者の3社での内覧立ち合いが基本となります。
買主は一般の消費者ということもあり、売主が立ち会っていた方がスムーズだからです。

  • どんな売主さんが住んでいたのか?
  • 周辺環境を売主さんに聞いてみたい。
  • 近所の人との関係性を聞いてみたい。

といった買主さんは少なくありません。
空き家ですと、年単位で売れ残る可能性もあるのでその度に現地で対応する必要があり、労力が掛かります。

仲介がオススメなケース

まとめると、仲介での売却が適しているのは需要の高い空き家です。具体的に見ていきましょう。

築年数が新しい空き家

売れ残りリスクの少ない、具体的には築20年以下の空き家なら仲介に挑戦してみても良いでしょう。

新築需要の高いエリアにある空き家

老朽化が進んでいようが、人気エリアであれば解体して新築を立てたい方も多いからです。

現住所から近い空き家

仲介での空き家売却は、何度も何度も内覧しても購入に至らず、年単位の時間が必要となるケースも少なくありません。むしろ、現在のご自宅から近くないとこの労力は相当な負担となってしまいます。

買取がオススメなケース

まとめると、需要の低く仲介では売りにくい空き家は、買取での売却がオススメです。具体的に見ていきましょう。

老朽化がすすんだ空き家

築年数が経過しており古さの目立つ空き家を、一般の方が居住用目的で購入することはほとんどありません。

人気のないエリアにある空き家

郊外や田舎、市街地まで遠いエリアにある空き家を、居住用目的で購入する人はほとんどいません。

現住所から遠い空き家

所有者さんの現在の自宅から空き家が遠い場合、買取を選択するべきでしょう。査定、不動産会社との契約、内覧、契約(売却時)、決済(売却時)と何度も足を運ばなければならないからです。

空き家を早めに現金化したい

需要の低い空き家を仲介で販売するなら、年単位の売却期間を覚悟しなければなりません。買取であれば金額の合意さえ出来れば数日での現金化も可能です。

所有者の多い空き家

所有者が多ければ、あらゆる場面で全員の署名捺印が必要になったり、価格設定や交渉などで意見が分かれ売却の機会を逃すこともありません。最悪、意見が途中で変わり販売自体を中止することも珍しくありません。一方、買取であれば意見が一致しているタイミングでスムーズに売却が可能です。

空き家の買取相場

空き家の買取相場

空き家の買取相場を調べていると、市場価格(仲介で一般の個人向けに販売する際の価格)の70%とか50%といった数字を見かけますが・・・ほぼ間違いなく空き家について知見がある方が書いた記事ではないでしょう。

当然ですが、東京23区で駅からも近く周辺環境も抜群な立地であれば、空き家かどうかなど関係なく市場価格通り、場合によってはそれ以上で売れるでしょう。解体費を自分で払ってでも欲しい買主はいくらでもいるからです。

一方で、人口がどんどん減少している地方で、老朽化が進んでおり、立地も悪く、周辺にも土地が余っているようなエリアであれば市場価格よりかなり安くなるかも知れません。買取業者が買い取ってリフォームしても、買主がなかなか見つからないリスクも考えなければいけないからです。

つまり、空き家の立地や条件によって買取相場には大きな開きがあります。
インターネットで一生懸命相場を調べたところで、正解が見つかる可能性は少ないでしょう。

ですので、相場を確認したければ、直接プロに聞いてみてください。
電話やメールでの相談レベルでも大きな誤差のない買取価格を教えてくれるはずです。

もちろん弊社へご相談いただいても大歓迎です。

空き家を高額買取できる理由

空き家を高額買取できる理由

空き家は所有者のリスクがあまりに大きく、さらに放置すればするほどリスクは高まります。

「将来的に子や孫といった相続人にまでリスクを背負わせるわけにはいかない!」
と売却を考えられている方も多いでしょう。

とはいえ、通常の不動産仲介業者は、空き家の取り扱いには消極的にならざるを得ません。広告費や人件費を掛けても、売れなければ丸々赤字になってしまうからです。特に、人気のないエリアで老朽化が進んでいるなら空き家であれば、消極的どころかお断わりするケースも多いでしょう。

では、なぜ我々は空き家を高く買い取ることが可能なのか?
理由は、全国に数千人規模の投資家を抱えているからです。

エリア的な魅力に乏しく、老朽化が進んでいれば自宅として購入する人は多くはありません。しかし、投資家は違います。家賃収入さえ得られれば、エリアや築年数など関係ありません。賃貸の入居者は、生涯住むわけではないので、安さ重視で選んでくれる可能性は十分にあります。

地元の仲介業者さんなど、他社に断られた方でも、ぜひ一度お問い合わせください。
弊社ではそういった空き家も積極的にお取り扱いさせていただきます。

空き家に関するご相談・
お問い合わせはこちら
0120-542-956
【受付時間】10:00~19:00(日曜定休)

※非通知からのお電話は受け付けられません

査定フォームへ年中無休 24時間365日受付中

空き家の売却に関するQ&A

実際に弊社に頂いたご質問に対してお答えします。

査定は無料でしょうか?
無料ですので、お気軽にご連絡ください。
査定に必要な書類を教えてください。
査定は住所さえ分かれば後はコチラでも取得できますので、お手元にあるものだけご用意ください。
誰も住んでいない空き家なのですぐに売却したいです。最短だと何日で現金化できますか?
お手元の書類や、司法書士先生(移転登記のため)の予定にもよりますが、全て問題なければ数日での現金化も可能です。
室内に荷物もそのまま引き取って貰えるのでしょうか?
はい、家具・家電やその他お荷物で溢れかえっているような空き家もそのまま買い取り出来ます。
近所に知られずに空き家も買い取り可能でしょうか?
通常の不動産業者のようにネットやチラシを使って買主を探すことはありません。弊社が買主ですのでご近所さんに売却を知られる可能性はほぼありません。
未登記の空き家も買い取りは可能でしょうか?
はい、問題なく買い取り可能です。
相続で揉めている空き家でもご相談可能でしょうか?
揉めている状態であれば、むしろ早めにご相談ください。色々な注意点を事前にお伝え出来るからです。
遠方なので立ち合い出来ませんが問題ないでしょうか?
問題ございません。なるべくお客様にご負担のないように柔軟にご対応いたします。
空き家の所有者が負担する費用はいくら位でしょうか?
役所等での書類を新たに取得して頂く場合、数百円程度掛のご負担はあります。それ以外で、売主様側でご負担していただく費用は基本的にございません。
固定資産税を滞納していますがご相談可能でしょうか?
はい、行政との間に入って交渉することも可能です。
住宅ローンの残債が残っているのですがご相談できますか?
はい、金融機関との間に入って交渉することも可能です。
空き家を売却した年の税金(固定資産税)はどうなりますか?
税額を日割り精算して所有者様にお戻ししますのでご安心ください。
空き家の権利書(登記済証)を失くしてしまいましたが売却できますか?
はい、司法書士等に協力してもらいながら代替手段を利用すれば問題なく売却できます。