>>訳あり物件を今すぐ売る方法をみてみる

京都の共有持分買取業者9選まとめ!

京都の共有持分買取業者おすすめ9選!共有持分地域

不動産の共有持分は共有者全員の合意がなければ売却することができない」と思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実は共有持分は他の共有者の許可を得なくても、自分の持分だけを売却することは可能です。しかし、色々なリスクがあるため需要が少なく、安く買いたたかれてしまうケースが多いのもまた事実です。

自分の共有持分をトラブルなくスピーディに、なるべく高値で売却したい」という方に向けて、今回の記事では共有持分の買取業者をご紹介します。

この記事を読むことで、あなたの共有持分に関するトラブルを解決してくれる買取業者がきっと見つかります。

共有持分の買取専門業者一覧

共有持分対応の買取業者をまとめさせていただきました。

共有持分の処分でお困りの方は以下の業者に相談してみるとスムーズに処分が進む可能性があります。

まずは、どんな業者があるのか見てみましょう。

京都の共有持分買取業者一覧

京都で所有している共有持分の不動産を売却したいと考えた際、一般的な不動産会社では対応してもらえません。

共有持分の売却は、共有持分買取業者に依頼するとスムーズに対応してもらえます。

京都に店舗のある共有持分買取業者を中心に、関西に店舗を構えて京都の物件にも対応している共有持分買取業者、店舗は東京ですが全国の物件に対応している共有持分買取業者をご紹介します。

詳しくご紹介させていただきます。

1.AlbaLink

アルバリンク

会社名株式会社Alba Link(アルバリンク)
本社所在地東京都江東区福住1-13-4 霜ビル2・2階
電話番号03-6458-8161
営業時間10:00~20:00
地図

AlbaLinkは訳あり物件・トラブル物件専門の不動産買取業者で、共有持分などでお悩みの物件でも買取実績が豊富です。

独自のネットワークと販路を駆使しており、高価買取が期待できるケースも多いです。

買取率は92%と業界でも高い数字を維持しており、最短即日で現金を受け取れる場合もあります。

対応エリアは日本全国、24時間年中無休でお問い合わせが可能です。

無料で査定することができるので、訳あり物件やトラブル物件を抱えている方は、お気軽に相談してみましょう。

\24時間受付中!/

無料査定はこちら

公式サイト:https://wakearipro.com

2.住まいのアドバイザーDaichi

 

会社情報株式会社大地
所在地京都府京都市中京区壬生森町68-5 グランディール 大地ビル1F
電話番号075-812-8177
営業時間10:00~19:00(定休日:水曜日・日曜日)
地図

住まいのアドバイザーDaichiは、不動産買取専門店です。

共有持分買取はもちろんですが、任意売却や貸家・貸地などの売却が難しそうな物件の買取も可能です。

平成5年の開業から多くの買取実績があり、安心して共有持分買取を依頼できます。
すぐに売却して現金化したいという人におすすめです。

株式会社大地の公式サイトへ

3.プラスプレミアム

会社情報株式会社プラス・プレミアム
所在地大阪府大阪市中央区本町1-6-18
電話番号06-7670-1177
営業時間9:00~20:00(定休日:水曜日)
対応エリア京都・大阪・滋賀・兵庫・奈良・和歌山
地図

プラスプレミアムは、さまざまな不動産売却に対応できる不動産買取専門店です。

専門家と提携していることから、法律や税制などにも的確な対応が可能なので安心して依頼できます。

共有持分買取のほか底地買取や任意売却など、関西一円の不動産売却のニーズに応えてもらえるので、訳あり物件など売却が難しそうなケースでも相談してみてください。

株式会社プラス・プレミアムの公式サイトへ

4.リアルエステート

会社情報株式会社リアルエステート
所在地大阪府大阪市中央区本町2-6-10 本町センタービル7F
電話番号0120-469-543
営業時間9:00~18:00
地図

リアルエステートは共有持分買取に特化した、買取専門の不動産会社です。

弁護士や税理士と提携しているので、共有者間でのトラブルが起きている場合や売却することによってトラブルが起こりそうな場合も、間に入って交渉してもらえます。

共有者すべてが納得できる円満買取であるうえに、高額買取ができる不動産会社として好評です。

戸建てやマンションはもちろんですが、底地や再建築不可物件などの特殊な物件の共有持分買取や、共有者が行方不明の場合も買取が可能です。

 

株式会社リアルエステートの公式サイトへ

5.トラブル物件買取センター

会社情報トラブル物件買取センター
所在地大阪府守口市佐太東町1-22-11 アライブビル3F
電話番号0120-984-086
営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)
対応エリア京都・大阪・兵庫を中心に全国
地図

トラブル物件買取センターは、全国どこでも無料で買取査定を行っています。

買取物件を再販する際のリフォームやリノベーションを自社施工でおこなっているために、高額買取が可能なのです。

共有持分買取や立ち退き物件など、一般的には買取が難しいといわれる物件でも、相場価格に近い価格での買い取りを実現しているのは、トラブル物件専門の買取会社ならではの実績です。

 

トラブル物件買取センターの公式サイトへ

6.トップエステート

会社情報株式会社トップエステート
所在地京都府京都市中京区西ノ京月輪町28-7 TOP B.L.D 2F
電話番号075-803-5300
地図

トップエステートでは、複数人の所有者がいる相続物件などの共有持分買取をおこなう買取専門店です。

弁護士や税理士をはじめ、金融機関や建築士などさまざまな専門家と提携しているために、依頼者にとって最適な方法の提案ができる強みがあります。

一般的には売却が難しいといわれている物件でも、相談してみてください。

 

株式会社トップエステートの公式サイトへ

7.ワケガイ

会社情報株式会社ネクスウィル
所在地東京都港区新橋6-11-8 1F
電話番号0120-536-408
対応エリア全国
地図

株式会社ネクスウィルは、共有持分や訳あり物件に特化した不動産の買取専門店「ワケガイ」を運営しています。

共有者とのトラブルなどが原因でで売却が進められない場合や、ほかの不動産会社で断られるような物件でも、ワケガイでは対応が可能です。

ペアローンで購入した物件を売却したいと思っても、相手が居住していると売却することができません。
そのような場合にも、共有持分買取に対応しているワケガイなら、相談してみる価値がありそうです。

 

ワケガイの公式サイトへ

8.SHINSEI

会社情報新生都市開発株式会社
所在地大阪府大阪市北区西天満3-6-35
電話番号0800-170-4071
営業時間9:00~18:00(定休日:日・祝)
対応エリア関西
地図

SHINSEIは、不動産問題を解決するスペシャリストです。

「ペアローンで家を購入したけど離婚するので自分の所有分だけ売却したい」という共有持分買取、底地や借地の売却、このような困難だと思われる不動産の売却は、SHINSEIに相談してみてはいかがでしょうか。

共有持分の売却は、ほかの共有者とトラブルが起こりがち。
SHINSEIでは公平な立場で調整を進めてもらえるので、円満な売却が期待できます。

 

新生都市開発株式会社の公式サイトへ

9.ソクガイ.JP

会社情報株式会社NSアセットマネジメント
所在地東京都港区元赤坂1-5-7 ラ・ベリテAKASAKA 7F
電話番号0120-068-616
営業時間10:00~19:00(定休日:水曜日・日曜日)
対応エリア全国
地図

株式会社NSアセットマネジメントは、不動産買取サービス「ソクガイ.jp」を運営する会社です。

相続した不動産を売ってしまいたいけど、一緒に相続した兄弟は売却に反対している・・・そのような場合でも共有持分買取を行っているソクガイ.jpでは対応が可能です。

問題のある不動産や売却が難しい不動産を売却したいという場合は、ソクガイ.jpに問い合わせてみてください。

 

ソクガイ.JPの公式サイトへ

10.株式会社建武住宅

会社情報株式会社建武住宅
所在地京都府京都市左京区静市市原町78-8
電話番号075-741-3553
営業時間9:00~19:00(定休日:水曜日)
対応エリア京都市
地図

株式会社建武住宅は、京都市内にある不動産の買取に対応している不動産会社です。

遠縁の親戚と共同名義の不動産を売却したいという場合や、売却したい家の住宅ローンが残っているなど、売却で困ったときには株式会社建武住宅に相談してみませんか?

シロアリや雨漏りが起きていても修理の必要はなく、そのままの状態で売却が可能です。

 

株式会社建武住宅の公式サイトへ

共有持分とは

共有持分とは

1つの土地や建物など不動産の名義が複数人になっている物件で、それぞれの名義人が所有する権利の割合のことを「共有持分」といいます。

なぜ共有持分が発生するのか

夫婦や親子など、共同の名義で物件を購入した場合や、不動産を複数人で相続した場合に共有持分が発生します。

共有持分を売却する場合の注意点

共有持分を売却する場合の注意点

複数人で所有している不動産の共有持分を売却したいと考えても、売却することは簡単ではありません。

下記のような問題が出てくるので、不動産会社に売却の相談に行っても多くの場合は対応してもらえず、売却ができません。

これはどういうことなのか、ひとつずつ解説していきましょう。

1.勝手に売却できない

複数の名義人で所有している物件全体をを売却する場合には、共有者全員の同意が必要です。

売却ではなく賃貸に出す場合にも、共有者全員の同意が必要になります。

共有物件の売却

売却できないのは、共有持分の物件を購入する買い手も同じです。

共有持分のひとりが売却した物件を購入した場合、売却したいと思ったときに勝手に売却をすることができないので、このような不便さも共有持分の物件の買い手が見つかりにくい理由のひとつです。

売却や賃貸に出すのではなく、そのまま保存しておく場合や使用することに関しては、ほかの共有者の同意は必要なく単独でも特に問題はありません。

2.権利が複雑化しやすい

共有されている不動産を相続するとなれば、相続の割合は必ずしも均等ではないために、共有となる割合が複雑化してしまうケースもあります。

複数人で相続する場合には、均等な持分になるように相続するケースもありますが、基本的には法定相続割合に応じた割合での持ち分となることが一般的です。

法定相続人に配偶者が含まれている場合には、ほかの相続人とは相続割合が異なります。

3.担保として活用できない

通常は自分が所有する不動産は担保として利用できますが、共有持分の場合には所有する不動産は担保として利用することができません。

共有持分を売却する方法

共有持分を売却する方法

共有持分は売却したいと思っても、売却は諦めなければならないのでしょうか。

結論からいうと、売却は可能です。

共有持分でも、以下の方法で売却することが可能になります。

それぞれの方法について、説明していきましょう。

1.共有者全員の同意を得る

共有物件の売却

 

自分の持分だけを売却する場合には、共有者の同意は必要ありません。

共有物件の売却

しかし、自分の持分だけを売却する場合には、買い手となる第三者は他の所有者と物件を共有することになるので、せっかく購入した不動産を自由に使用することは不可能に。
このような物件を購入する第三者の目的とは、さらに売却して利益を得ること以外には考えられません。

自分の持ち分だけを第三者に売却する場合には、売却価格はかなり低くなることが予想されます。

また、自分の持ち分だけを売却するのではなく、物件すべてを売却する方法も。
共有者全員の同意が得られる場合には、共有者全員で売却するのが一般的な方法で、もっとも平和的な売却方法といえるでしょう。

全員で売却すれば、買い手は物件のすべての部分を購入することができるので、市場の相場に準じた売却価格になり、もっともお得に売却ができます。

2.共有者間での売買

ほかの共有者が自分の持ち分を増やしたい、または自分ひとりで所有したいと考えている場合には、第三者に売却するよりも簡単に売却ができます。

しかし、売却価格の交渉では、第三者への売却するよりも難航することが多く、価格も相場よりも大きく下回ることが考えられます。

共有者間で売買が完了し、名義人がひとりになれば共有物件ではなくなります。

共有者間での売買

共有物件でなくなれば、単独で所有する一般的な不動産。
所有者が将来的に売却しようと考えた場合には、問題なく売却を進めていくことが可能です。

3.分筆する

ひとつの土地を複数に分ける登記手続きを行うことを「分筆」といいます。

共有持分を土地として分割することで、その土地は共有物件ではなくなり、共有物件ではなくなると、名義人がひとりの単独所有になるので売却が可能です。

分筆をしても建物がある場合には、簡単に売却ができないので注意してください。
また、分筆した場合に両者それぞれの土地の条件が違いすぎる場合には、分筆そのものが困難だと考えられます。

分筆

土地の価値を表す評価額は面積だけで決まるわけではなく、どのような道路にどの程度面している土地なのか、土地の形状や日当たりなどのさまざまな条件によって決められます。

分筆するためには、建物が建っていない土地で、間口や広さなど平等な分筆ができる状態であることが大切です。

4.共有持分買取業者の売却

  • 共有者全員の同意が得られない
  • 共有者間での売買ができない
  • 分筆できない

上記のように共有持分を売却するための方法を行えない場合には、共有持分買取業者へ依頼することがおすすめです。

一般的な不動産会社では売却が難しいですが、共有持分買取業者だと買取の対応が可能です。

第三者を探して売却するよりも、共有持分買取業者に依頼すればスムーズな買取が期待できます。

専門業者に依頼

共有持分の買取業者まとめ

今回の記事では共有持分買取業者をご紹介しました。

共有持分は性質上トラブルが起こりやすく、査定を依頼する業者を間違えると相場よりも安く買取されてしまうリスクがあります。

リスクを回避するために重要なのは共有持分の買取を専門的に行っていて、知識やノウハウを持った業者さんに依頼することです。

弊社では共有持分の買取を専門的に行っておりますので、共有持分でお困りの方は一度ご相談下さい。全国対応しておりますので、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

コメント

訳あり物件の売却相談はこちらから

閉じる