• 情報システム

ITを活用して会社の「あるべき姿」を実現する

情報システム課 マネージャー

坂本 健人

2023年入社。千葉県出身。大手通信会社にて社内システム開発に従事。その後、業務効率化に関わるシステムの設計・開発・導入サポート業務を経験。本業の傍ら副業として不動産賃貸業とITコンサル業を行い、そこでAlbaLinkに関わり入社。現在はIT統制や社内システムの選定から運用まで幅広い業務を担っている。

ITを活用して社員が本業に集中できる環境を作る情報システム課。今回は情報システム課マネージャーの坂本に、仕事のやりがいや今後の目標を語ってもらいました。

社内のITインフラをゼロから作り上げる

Q. 入社の決め手を教えてください。

私は元々副業として不動産の賃貸業とIT支援を行っており、その際に代表の河田に業務効率化ツールの開発を依頼されたのが、AlbaLinkとの出会いです。当時AlbaLinkには情報システム部が存在せず、情報システムエンジニアとして専門知識を持っているのも実質私一人だけでした。

2か月ほど仕事を続ける中で、より本格的に社内のIT基盤を整えていくべきだと考えるようになり、正式に入社することにしました。なので正式に面接を受けたというよりは、気がついたら入社していたという方が近いですね。

Q. 普段はどのような業務を担当していますか?

基本的な業務としては、社内から寄せられる質問への対応があります。パソコンやスマホのトラブル対応や、kintoneやバクラクといった社内システムの運用サポートなど幅広く対応しています。

また、会社の経営戦略に基づきIT戦略を策定し、システムの選定や経営層への提案、システムの導入も行っています。たとえば人事関連の業務では、スプレッドシートで収集・管理していたマイナンバーカードや住所などの個人情報を一括で管理するために、人事系のシステムを導入しました。また、他システムとも連携できるような仕組みも作っています。

Q. AlbaLinkだからこそ得られる経験を教えてください。

ひとつは社内の問い合わせ対応といったヘルプデスク的な役割から、会社のIT戦略を策定して、人事系・営業系など様々なシステムを導入するところまで経験できるのが魅力です。これが数千人規模の会社だと、ヘルプデスク担当、システム導入担当など役割が分かれているところも多いです。一方AlbaLinkでは、縦割りがほとんどなく幅広い業務に携われます。

もうひとつは、会社のIT戦略を踏まえてシステムの選定から経営層への提案までを自ら進められることです。最近では新しいコミュニケーションツールの導入について経営層に直接プレゼンし、承認を得ることができました。

大手企業では、役職者がシステムを選定し、現場は導入準備だけに関わるというパターンも多いです。AlbaLinkではポジションの枠に限定されず、役職者ポジションの仕事も担うことができるのが魅力だと思います。

組織全体の働き方をスピーディに変えていく

Q. 「AlbaLinkらしさ」を感じたエピソードを教えてください。

既存の仕組みにこだわらず、新しいシステムやツールを柔軟に取り入れるところです。一般的な会社だと一度システムを入れてしまうと、多少課題があっても10年15年使い続けるところも多いと思います。ただ、AlbaLinkではうまくいかないなら考え直そう、新しいものを試そうとする文化があります。

たとえば営業ツールの導入で言うと、元々Googleスプレッドシートで情報管理していたところに私がkintoneを導入したのですが、現場でうまく活用されないなどうまく浸透していない場面も多くありました。そこの課題を踏まえて今はSalesforceの導入にチャレンジしています。

また、何かシステムの導入が決まった際は、「まずは経営層から使うべき」という考えが根づいているので、ツール導入の承認が降りるとその場で役員がツールを触りだすこともありますね。スピード感を持って組織全体の働き方を変えていく提案や、新しいシステムやツールの導入にも積極的にチャレンジできる環境は、AlbaLinkならではだと思います。

Q. 情報システムエンジニアではどのようなスキルを得られますか?

私はITエンジニアのキャリアプランとして、大きく2軸があると考えています。ひとつはプログラミングを極めて、ITエンジニアとしてスペシャリストを目指すこと。もうひとつは各業務のあるべき姿を考えて、現場の働き方を改善していくITコンサルタントを目指すことです。

AlbaLinkは、ITコンサルタントを目指したい人にぴったりの環境だと思います。ITコンサルタントには、現場の抱える課題を察知し、自ら解決策を提案する力が求められます。AlbaLinkでは、IT戦略の策定から最適なシステムの選定、導入まで幅広く経験することができます。会社の業務プロセスや事業戦略、文化にまで踏み込み、改善策を考えることで、社員から課題を引き出し解決するコンサルティング力や提案力が鍛えられます

各職種が本業に集中できる環境を目指して

Q. AlbaLinkで活躍できるのはどのような人ですか?

まずは、他職種に関心を持ち業務理解できる人ですね。たとえば営業の業務プロセスの中で、ITを活用して効率化できる業務があるとします。しかし、営業経験が長い人ほどその業務が習慣として沁みつき、困りごとに気づかなかったりうまく言語化できない場合もあります。だからこそ私たちが、チャットや社員同士の会話などに目を光らせて、業務の無駄や困りごとを把握することが大切だと思うんです。

後は、常に最新の情報をキャッチアップできる人です。改善案を提示するには、多くの解決手段をストックしておく必要があります。そうすることで「このサービスで○○時間短縮できる」という業務コスト削減につながる提案や、上場を目指す中で「セキュリティの観点からこの業務にはシステムの導入が必要」など上場基準を満たすためのアドバイスができます。常に世の中の情報にアンテナを張って、業務にどう活かすかを考えられる人が活躍できると思いますね。

Q. 今後の目標を教えてください。

情報システム課の役割は、各職種が本業に集中できる環境を作ることだと思っています。営業の本来あるべき姿であれば、お客様から売りたい・買いたいという言葉を引き出し会社の売上を伸ばすことだと思います。ただ、現状だと契約書作成や仕入れた物件の報告など、本業とは関係ない雑務が山ほどあります。

そこを営業案件管理のシステムを導入したり、他システムと連携させることで、報告の手間をなくしたり書類作成を自動化することができます。ITを活用することで巻き取れる業務はまだまだ多いので、積極的に改善案を提案していきたいです。また、情報システム課自体も人数を増やしてチーム体制を整えていきたいと思います。

情報システムエンジニア職の募集要項はこちらからご覧いただけます

この人の職種を詳しく見る

情報システムエンジニア職
ITを活用して業務の在り方を大きく変える、情報システムエンジニアの役割や詳しい業務内容を紹介します。

詳細を知る

発展途上の組織を、
共に成長させませんか?

あなたのポジションを探そう

わずか30秒で送信できます